「育ての心」 2012年2月

2月の仏教保育徳目 「禅定静寂」


園長より

◆「子ども」

   批判ばかりされた子どもは 非難することを覚える
   殴られて大きくなった子どもは 力に頼ることを覚える
   笑い者にされた子どもは ものを言わずにいることを覚える
   皮肉にさらされた子どもは 鈍い良心の持ち主となる
 しかし 激励を受けた子どもは 自信を覚える
      寛容に出会った子どもは 忍耐を覚える
      フェアプレーを経験した子どもは 評価することを覚える
      友情を知る子どもは 親切を覚える
      安心を経験した子どもは 信頼を覚える
  可愛がられ 抱きしめられた子どもは
  世界中の愛情を 感じとることを覚える  (ドロシー・ロー・ノルト)

本当にこの通りですね。 ドロシーさんのことは、既にご存知かと思います。
園児に関わる者として、しっかりと心に留めておかなければならないことと思っています。


◆涅 槃 会
来る2月15日(水)は涅槃会です。釈尊がお亡くなりになられた日です。
涅槃図をお掛けしてお参りをしていただきたく存じます。
ところで、涅槃図には多くの動物が描かれていますが、猫が描かれている涅槃図は少ないそうです。 何故って? そのお話は当日に・・・。

◆2月の仏教保育徳目
  『 禅定静寂 』  (ぜんじょうせいじゃく)
「 禅 」とは心の働きを集中させること。 「 定 」とは心静かにして動揺しないことです。
今、巷間言われている 『 ブレナイ 』 ことです。しかしこれが難しい!


◆発 表 会
来る25日(土)は発表会です。 今年はどんな演技を見せてくれるのかな?
今から楽しみですね。
そうそう、今年も「ルーの部屋」の乳児も出演してくれることになりました。
乞うご期待!!!
それから、保護者の皆様の「衣装作り」のご協力に、園長として心から感謝申し上げます。


◆感謝状を頂きました
去る1月21日に東京都から、多年に渡る「中学生職場体験協力事業所」として感謝状を頂きました。 その折に記念写真を撮っていただきましたが、ちょっとショックな出来事が・・・。
前列は椅子席でした。主だった方々が座りましたが、一席空いています。
すると、都の職員が私を見て、“ご高齢の方にお座りいただきたいのですが?”あ〜〜〜〜ッ。

◆田邉光穂さん(みっちゃん)のこと
亡くなられて、早や10日が過ぎようとしています。
未だ、寂しさや悲しみは残っています。
どうすれば良いのかと考えていました。そして、次のように考えました。
来る3月20日(火)は「四十九日忌」に当ります。「四十九日」は、こちらから(此岸と言います)仏様の居られる場所(彼岸)に旅立つ日です。前日19日(月)は当園の23年度終業式になりますが、この日に「みっちゃん」の旅立ちを園児一同で送りたいと考えました。
きっと喜んでくれると思っています。
保護者の皆様のなかでお時間がありましたら、当園までお出掛けいただき、この「四十九日忌の法要」にご参列いただき、ご焼香いただければ幸甚です。(詳細は後日お知らせします。)



2月の行事予定表

 3日(金) 節 分(豆まき)  
 4日(土) 自由登園日
 7日(火) 一日動物園
10日(金) 誕 生 会
14日(火) 一日動物園(予備日)
15日(水) 涅 槃 会
16日(木) 発 表 会 予行
17日(金) 発 表 会 予行
18日(土) 新入園児体験日
25日(土) 発 表 会
Latest update 2018/04/05 Copyright 2011 All right reserved by Sesonin kindergarten