「育ての心」 2011年11月

11月の仏教保育徳目 「精進努力」


園長より

◆「園長先生、金魚さんが喜んでいるよ!」
 つい先日、夢の中にこの「一言」の情景が現れたので記させていただきます。
 以前のことですが、ある日、金魚鉢の水を替えていた時の ことです。年中児の男児が幼稚園ホールから上がって来ました。そして、そばに来て私を見上げながら一言。
 「園長先生、金魚さんが喜んでいるよ!」
と言って、さっと行ってしまいました。 残された私の胸には感動と感謝の涙が流れました。 思わず、その子のお母さんに電話をしてしまいました。
 貰ったお母さんはビックリです。突然に園長からの電話。  <何かあったのか? 怪我? 事故? それとも・・・?>  この情景をお話したら、お母さんは一瞬絶句されました。 多分、お母さんの目にも涙が流れたと思っています。(確認はしていませんよ。)
 私は“仏様のいらっしゃる幼稚園っていいな〜!”と思っています。「心を育てる教育」は幼児の頃しかできません。これからもその努力を続けて行きたいと考えています。
 でも一言、子どもの感性を育てるのはご家族です。幼稚園の役割はそのサポートです。集団の中での「育ち」を援助するのが役割です。私は、幼稚園が「子どもの育ち」の主であるとは思っていません。主はあくまでもご両親です。
 どうぞこれからも、「子どもの育ち」に手を抜かないでください。お願いします。
                                        (園長拝む)

◆11月の仏教保育徳目
  『精進努力』  (しょうじんどりょく)
 『神々も人間も物を欲しがり、執着に捉われている。この執着を越えよ!わずかな時も空しく過ごすこと勿れ!』(釈尊の言葉)
 執着とは拘りです。拘るから悩んだり苦しんだり愚痴がでるのです。
 それよりも、“あ〜こんなもんなんだね”、“あ〜そんなもんだよ”と思っていれば気が楽です。私はそう思うようにしています。
 一方、私には空しく過ごしている時間が余りにも多い。 特に探し物。 主事に言われます。 探し物の時間がもっと少なければいいのにね〜。(余計なお世話です。)

◆作品展
 作品展への活動が始まりました。今年のテーマは『 遊べる動物園 』です。
 園児が想像した新しい動物も登場するかも知れません?園児が描いた「 設計図 」・「 想像画 」がロビーに掲示してあります。
 宜しかったら、少し早めにお迎えいただきご覧になってください。
 楽しいですよ!
 ●作品展日程  12月3日(土) (園児見学日)
            12月4日(日) (保護者見学日)

◆今までの生活リズムを続けましょう
 昨日から登園時間が「冬時間」に変りました。30分遅くなりました。 だからと言って、生活リズムを変えないでください。 そうすれば、遅刻の多かった園児も今度は、一番早く登園することができますね!良いことです。
 それから、クドイ様ですが、「 ノロウイルス 」・「 RSウイルス 」・「 インフルエンザ 」の流行期です。「 手洗い・うがい・快眠・快食・快便 」にご留意ください。
 園児を守るのはご家庭と幼稚園しかありませんから。



11月の行事予定表

1日(火) 24年度入園願書受付
3日(木) 文化の日  
4日(金) 入園抽選日
5日(土) 幼稚園体験日
6日(日) 吹奏楽コンサート
9日(水) 保護者参観日(年長児)
10日(木) 保護者参観日(年中少児)
11日(金) 誕生会
12日(土) 自由登園日
15日(火) 七五三の祝い
19日(土) 自由登園日
22日(火) (臨時休園)
26日(土) 自由登園日
28日(土) 個人懇談会開始
Latest update 2017/11/01 Copyright 2011 All right reserved by Sesonin kindergarten